• ホーム
  • つらい症状が起こる更年期障害はヤーズを服用することで緩和できるかも!

つらい症状が起こる更年期障害はヤーズを服用することで緩和できるかも!

2020年06月16日
心配している女性

ピルは主に避妊目的で使われる薬ですが、他にも様々な効果がありいろいろな症状の緩和が期待できます。その一つが更年期障害の改善です。女性は閉経が近くなると卵巣機能が低下します。卵巣機能の低下は卵巣から分泌されるエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌を減少させます。女性ホルモンが急激に失われると自律神経失調症といって体の冷えやのぼせ、発汗や頭痛など様々な体の不調が現れ、こうした症状が更年期障害と呼ばれるものです。泌尿器や生殖器系にも影響を及ぼし、代表的な症状には月経異常や頻尿、失禁や性器の下垂感などがあります。

ちなみに更年期とは閉経の前後10年間を指し、一般的には45歳から55歳前後を更年期と言います。この時期は仕事や家庭環境で変化が訪れやすい時期です。例えば子供が家を離れたり、転職したり、重要な仕事に就いたりと人生の大きな転機と一致することがあります。こうしたプライベートの大きな変化と更年期の症状が一致することにより、ストレスなどで症状が重くなったりする人もいます。精神に与える影響の強いことが特徴で、イライラしやすくなったり不眠になったりすることも特徴です。

更年期障害の原因の一つである卵巣機能低下は更年期になれば誰でも起こりうることなので、食い止めることはできません。それでも対策を講じることで症状の緩和や改善は見込めます。その一つの方法がヤーズ配合錠を摂取することです。ヤーズ配合錠は主に月経困難症を治療するための薬です。2つの女性ホルモンが含まれており、黄体ホルモンは排卵を抑えたり子宮内膜が厚くなることを防ぎます。不正出血を防ぐのが卵胞ホルモンです。

ヤーズ配合錠を摂取することで、女性ホルモンを補充し、更年期障害による体の変化を緩やかなものにする手助けをします。ヨーロッパではホルモン補充療法といってこうした女性ホルモンを補充して備える方法は一般的になっていて、実に半数の女性が実施しているそうです。日本ではあまり普及していませんが、急激な変化を軟着陸させる方法なので更年期障害が心配な人にはぜひ検討してもらいたい治療法です。現在、自律神経失調症に悩んでいる人にも有効で、冷えやのぼせ、発汗や動悸といった血管運動神経系の症状には速やかな改善が期待されます。アンチエイジング効果もあるので、様々なメリットが受けられるでしょう。

もちろん、ヤーズ配合錠にはリスクも存在します。主な副作用には性器出血、乳房の張り、むくみが出る場合があります。また、乳がんや子宮がんの人、血栓症の人には実施できません。ヤーズ配合錠を試したい場合は医療機関でチェックを受けられるので、まずは近くの病院やクリニックに相談してみるといいでしょう。